« 2010年5月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年6月

苦労は買ってでも・・・

はやぶさが地球に帰ってきましたsign01

地球を飛び立って約7年・・・

予定より3年遅れての帰還です。

帰還といっても、はやぶさ自身は

大切なものを送り届けたことを確認して

大気圏で燃え尽きました・・・

ついつい感傷的になってしまいますthink



JAXA運用責任者の川口教授は

「明日からはやぶさの運用がないことが考えられない」

とつぶやいていました。

そして、

「太陽をもう一周まわって来てもよかった」

と言っていました。。。



構想から約15年以上の歳月をかけ

自分たちの時間をそこに費やしてきた方々しか言えない

感想だと思います。

「名残惜しい」の一言に尽きるのだと思います。



人間は不思議な生き物です。

自ら大変なことを背負い込み

胃に穴が開くような苦労をしても

終わった後は

達成感とやりがいを感じ

また新たな苦労に進んでいく・・・

多分、

一度それを経験した人は

自分の証明と成長を

常に感じていたいのだと思います。



哲学的?な話になりましたが

「はやぶさ」の帰還をニュースで見て

自分もガンバロってつくづく思った今日この頃ですgood

ばら祭 その2

前日にステージ上の段取りをしてリハーサルを行い

当日にのぞみましたup



持ち時間1時間のうち

最初の30分は「かくれんぼ川柳」という

クイズを行いました。

「かくれんぼ川柳」とは

川柳の「5・7・5」3行の中の1行を虫食いにして

参加されている方々に当ててもらうというものですhappy01

会場のお客さんも

予想以上に積極的に参加して頂け

とても盛り上がりましたgood

回答者にはやすみりえさんのサイン色紙を

プレゼントしました。。。



そして、メインの川柳コンテスト授賞式ですsign01

受賞の内容は佳作10作品、入賞5作品、大賞1作品

となっており、それぞれ1作品ずつ紹介させて頂きましたup



しかし、

発表時に

とんでもない

ハプニングが・・・



丸めて長いひもに結んおいた作品を

天井に吊って

1作品ずつほどきながら発表していくのですが

1作品目から

「ぶちっsign03



そう、

ひもが途中で切れ

作品が降りてきません・・・



やすみさん、司会者、そして我々

一瞬、唖然とし

一同、フォローのコメントが・・・



急いで脚立を用意し

ひもをほどいて・・・



16作品中

6作品がその状態でしたwobbly



終了後、皆さんからは

「手造り感があって良かったheart01

なんて

フォローになってないフォローを頂きましたcrying

あとから聞いたのですが

その日1日中

自分の背中が寂しそうだったとのことです。。。



うーん、残念down



しかしながら

兎にも角にも

やすみりえさんには

ご参加とフォロー

ありがとうございました。

(ホントにとってもいい人でした。。。)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ