責任って何?

丸4ヶ月ぶりのブログです。。。


ゴールデンウィークのど真ん中、夕方のマッタリとした


そんな時間にふとブログを思い出し、書いています。。。


しかし、前回書いてもう4ヶ月ですか・・・


時間が経つのは早いですね。。。(言い訳です)




ところでここ1年、「責任」というものについて


自分なりに考えていました。


何故なら自分の中で


「責任」の意味がものすごく曖昧だったからです。


「責任を持つ」とか「責任を取る」とか


言葉ではよく言われるけど


果たしてどうすることが「責任」を明確にするのかが


よく分からなかったからです。





謝罪すること?


役職を辞すること?


会社を退職すること?


そんなものではないんじゃないか・・・





いろいろと考えた挙句


出た答えが


「自分で自分に問いただすこと」


そして、「自分自身が変わること」


でした。





自分が考える組織というものは


お互いが支えあうものだと思っていました。


もちろん最終的にはそうだと思います。


しかし自分は、その過程の中でも


お互いがフォローしあうことが大切だと


思っていました。


そして、責任を取らない人もいつか変わる


と信じていました。


しかしそれは間違っていました。





「無責任」はお互いの不信感を招き


不信感は停滞を引き起こし


停滞は無気力を生む





残念ながら、人は自分の意思がない限り


人によって変わることはできません。


そのことにこの1年を使って気付きました。





そういえば、ネッツトヨタ南国の横田会長も言っていました。


「変えられないのは過去と他人


変えられるのは未来と自分」


しみじみとその意味を噛み締めています・・・

リベンジ!

今年はホントにいろいろありました・・・


いいことも悪いことも


たくさんありました・・・


世の中でも会社でも


一年を振り返って


いいことより、悪いことのほうが


多かったような、そんな気がします。。。





残念ながら自社でもあまりいいことはありませんでした。。。


自分が社会に出て


一番の底を体験したような気がします。


でも


それを経験できたことは


自分にとってものすごく貴重だったと思います。


この経験をしっかりと受け止めた


そんな年だったと思います。





この貴重な経験を


生かすも殺すも自分次第です・・・


「自分らしさ」「ケンビらしさ」をもう少しじっくり考えて


来年必ず再挑戦です!






前向きな姿勢や努力をすれば


必ず成功する、ことはありません・・・


しかし、それが自分の経験値となって


次のチャレンジへの知恵となり


結果が出ると信じています。





最後に・・・


今年は社員の皆さんに


本当にいろいろと迷惑をかけ、ご協力を頂きました。


来年は必ず良い年となるよう


そして、経営理念に掲げるような会社に


一歩でも近づけるように努力してまいります。


そのためには、自分だけではなく


皆さんの協力と努力と知恵が必要です。


皆さんなくしては、何も生まれません。


今年に引き続き、来年もよろしくお願いします!





それでは、良いお年を!!

再確認

お久しぶりです。。。


3月末よりまったく更新しておりません・・・


実は4月から少しばかり大変なことになり


気分的に書く気力が萎えておりました。




しかーし!


そんなことばかり言っていられません!


上を向いて


前に向かって


少しずつでも進んでいきます。。。




ところで最近は、ちょくちょく現場で作業をします。


やっぱりイイもんです。


終わった後にお客様から


「おっ!きれいになったネ!!」


なんて言われた日にゃー


心に響きます。。。


しかも


「ここまでキレイになるんなら、こっちもお願い」


なんて言われたら


(やって良かった)と内心ニヤリとしてしまいます。。。


やはり仕事の原点は現場にあります。




手抜きをしない


横着をしない


結果で楽をしよう





自分自身で再確認した今日この頃です・・・

今、自分にできること

東北、北陸、関東地方では


地震や津波で凄惨な状況となっています・・・


一方、関東以西では


普通の暮らしを送っている人々がいる・・・


どう言い表していいか


なんとも言えない気持ちです。





つくづく思うことが


被災された方々が、それでも規律を守って


お互いに助け合いながら行動している、


そんな映像をニュースで見るたびに


日本人の国民性を改めて感じます。


世界中で賞賛される日本の常識であり、


日本が世界に誇る「利他」や「おもてなし」の精神に


通じているのだと思います。


これらの精神は決して一朝一夕に創れるものではありません。


我々の先人たちが


心からそう想い、感じ、行動し、伝えてきたからこそ


日本国民の伝統として


現在まで脈々と受け継がれてきたものです。


今まさにそれを試されている


そんな気持ちになっています。





今、自分にできること・・・


行動してみませんか?

がんばれ山崎くん!

先日、ビルメンテナンス協会主催の


ビルクリーニング技能士競技大会がありました。


これは、ビルクリーニング技能士の


日ごろの修練度を競う大会で


広島地区予選・中国地区大会


そして最後に全国大会と


日本中のビルクリーニングに携わる


技能士たちが技を競い合います。


今回、わが社では


期待の新星


山崎くんが出場しましたsign03





実はわが社が


この大会に出場するのは初めてで


応募申請のFAXを山崎くんに見せたら


「出場しますsign01」って。


見せた自分がビックリしました。。。





出場が決まって約2ヶ月


はじめはあまり関心がなさそうでしたが


残り1ヶ月を切ったくらいから


山崎くんは仕事が終わったあとに


少しずつ練習を始めてました。。。





この努力が認められればいいのに


と、感心していました。


そして、当日heart01





・・・つづく

がんばれ!!

新入社員の山本君が

3月末で退職することになりました・・・

面接で本人の口から

「退職させて下さい」と。

とても残念です・・・



ケンビに入社して約1年。

面接、入社試験を含めると1年半のお付き合いでした。



理由はお父さんの跡を継いで

安心させてあげたいとのことです。



自分のやりたいこと

そして、自分のやらなければならないことを

自分なりに考えて出した結論だと思います。



面接時に結論から言ってきたので

気持ちは決まっているんだなーと。

後は「ガンバレ!!」と言うしかありませんでした。。。



本人が決めたことについて

とやかく言うつもりは全くありません。

自分で決めたのであれば、諦めず努力を続けて欲しい・・・

ただそれ一つだけです。



「絶対に自分の想いだけは裏切らないように!!」

自分からの送る言葉です・・・

行動力って? その2

前回の続き・・・



梶原さんについて熱い人だという方が


多くいらっしゃいました・・・


どうもその「熱い人」という言葉に


奇妙な引っ掛かりを覚え


少ない時間の中、いろいろと考えました。




出た答えが・・・


「熱い」と思うということは


自分自身がその温度ではないということ・・・


自分に置き換えてないということ・・・


参考になる話を、考えさせられる話を


感心して終わっているのではないか


そんなふうに感じてしまいました・・・




明日行動を起こしても


3年後に行動を起こしても


結果は同じ。


どうせ行動するなら早い方がいい。


できない理由を考えるよりは


いつまでにするかを考えた方がいい。


良し悪しは別にして


行動した後、結果は必ず出る。


その結果をさらに良いものにするために


次の行動を起こす。


その積み重ねが、自分自身の


経験や知恵になる。




人生の時間は限られている。


後悔するような生き方はして欲しくない。


そんなことを考えた


共育セミナーでした・・・


行動力って? その1

先日、中小企業家同友会の共育セミナーに参加してきました。

と言うよりは、実行委員長という役を仰せつかっており

全参加なのですが・・・



今回はピュアハートの梶原順子さんという

とても行動力のある方の体験発表でした。



テーマは「利己から他己へ」



行動力は常にあるのですが

自分のやりたいことを考えていた過去。

人へ接することでやりがいを見出した現在。



とてもすばらしい内容で、

梶原さんの人柄がにじみ出ていた体験発表でした。



ところが

グループ討論がはじまり

各テーブルの発表してもらったのですが

何か腑に落ちない・・・

いろいろと思いをめぐらせ

その原因を突き止めました。

グループでの討論でも

発表でも

梶原さんは「熱い人」だと・・・

想いを持って行動されている

「熱い人」だと・・・

聴いていて、とても切なくなりました・・・



・・・つづく

2011年

ここ十数年の日本は

ジトーとした閉塞感が漂っています・・・

特にここ数年は

とても強く感じるようになりました。

ニュースや新聞などで、国内の就職状況を見るたびに

強く感じます。

いろんな関係者からよく聞きますが

大学卒業者の就職内定率が60%!

なんともいたたまれない気分になります。

決して彼らが悪いわけでもないのに

ほんの数年、生まれた年が違っただけで

希望に満ちた将来の道が一つ閉ざされてしまう

なんとも、切なくなります。

新卒での就職が全てではないとは思いますが

彼らや自分たちがイメージしていたものとは

まったく違ったものを考えていかなければならない

そんな時代になってきました・・・



自分もここ数年

現状のままではいけないと

いろいろと考えて、行動してきたつもりです。

でも

まだ足りない。

現状の土台を固めることだけではなく

現状とは違った何かを

しっかりと考えて

実行していく必要がある。



必要があるというよりは

しなければならない。



少なくとも

ケンビの中だけでも

希望のある環境を創っていかなければ・・・



そんなことをヒシヒシと感じる年初です。

そのためにも、

長く、大きなアンテナをしっかり立てて

前のめりに取り組んでいく

そんな1年にしたいと思います。

やっぱり感謝。。。

いやー、ブログ。。。

気付けば、かなりの間放置していました。。。



そして今日は12月31日・・・

今年も終わりです。

最終日なので、今年は何をやったかな?

と、思い出してみました。



① 新入社員さんの入社

ケンビでは初めての新入社員さんを迎えました。

彼らもすでに8ヶ月。。。

よくがんばってくれています。

迎える側の社員さんも

意識がとても変わってきたと思います。

やっぱり新しい環境になれば

すばらしい変化があります。



② CS活動の実施

今年から始めたCS(お客様満足)活動。

本当はES(社員満足)活動です。

始めたばかりで、まだまだ足りないものが

たくさんありますが、継続して行うことが大切です。

これから先、CH(お客様幸福)

そしてEH(社員幸福)に発展していければ

これほどいいものはないと思います。

そのためにも、考え続けなければ・・・



③ 全職研修の開催

名前は硬いですが、

清掃のスタッフ全員を対象にした研修です。

会社の想いや方向性、

なにより、皆さんがやりがいを持って仕事に携われる

そんな環境づくりの第一歩です。

まだまだスタートしたばかりですが

それでも、皆さんが何か感じてくれれば、

なんて思っています。



広島から帰ってきて約6年・・・

少しずつですが前に前に進んでいます。

これも全てケンビに関わってくれている

皆さんのおかげです。

本当に感謝の一言!



皆さんの関わりに報いるためにも

自分自身がさらに努力を続けていかなければ

と、感じる12月31日でした。

ばあちゃん

うちのばあちゃんが先日亡くなりました

享年92歳。



いつも子供のことや孫のこと、ひ孫のことを心配している

そんなばあちゃんでした・・・

最近では足腰が弱くなり

ベッドで寝ていることが多かったのですが

自分のことは自分でする

そんなばあちゃんでした・・・



お通夜・お葬式にはたくさんの方が駆けつけて下さいました

葬儀場で用意していたイスでは足らず

別の場所から持って来るくらいの

多くの方に来て頂きました



子供が6人

孫が14人

ひ孫が13人(量産中)



体調不良の孫1人を除いて

東京・名古屋・大阪・岡山・広島

はてはフランスから

一族が集結しました。



愛されていたんですね・・・



最近の世の中では

亡くなっても押入れやリュックサックの中に放置される

そんな残念なニュースが流れている中

親族・友人・知人から

惜しまれながら去っていった

そんな祖母を尊敬し、うらやましく思いました

これを大往生というんですね



悲しみの中にも

人の生き方について

最後までばあちゃんに教えられた日でした



合掌

全職研修

全職研修が終了しましたsign01

計画から約1年・・・

やっとのことで開催にこぎつけましたsign03



パートさんの人数が多いため、4回に分けての開催です。

1日ごとに10~15名のパートさんに来社してもらい

他己紹介やケンビで働く際の約束

勤続表彰・DVD鑑賞などの内容を

3時間に渡り、皆さんと共に行いました。

はじめはぎこちない皆さんでも

終わる頃には

「また会いましょう!!」

なんて、とても嬉しいことを言ってくれる方もいらっしゃいましたhappy01



口下手な講師でしたが

この研修の目的である

自分の知らない現場でも、たくさんの仲間がいて

がんばっている事

そして

この仕事に携わる際に一番大切な事

について

少しは伝えられたような気がします。。。



最後にDVDを鑑賞してもらいましたが

毎回、数名の方が涙を浮かべて見入っていたことが

とても印象的でした・・・



今回、初めての開催で

運営面や内容、伝え方などに足りないものが

たくさんあったと思います。

でも、継続し進化していくことで

少しずつでも皆さんに感じてもらえる研修に

していきたいと強く思いました。

開催に至までは

大きなプレッシャーがありましたが

やはりやって良かったと思います。



最後に

このブログを見て下さっているスタッフの皆さん。

半年後も楽しみにしていて下さいsign03

お久しぶりです。。。

大変長らくお待たせしました。。。


約3ヶ月も書いていませんでした・・・


なぜか色々な仕事が舞い込み


バタバタとしていました。


大変ありがたいことですが


頭の中にいろいろなことがグルグルとまわり


いわゆる、いっぱいいっぱいの状態でした。
(まだ続いていますが・・・)



さて、話は変わりますが


10月から全職研修というものをはじめます。


今までは、現場のリーダーさんだけ月1回事務所に集まってもらい


いろいろと話し合ってきましたが


約2年が経過しリーダーさんから


「前向きな姿勢を現場に伝えることが難しい」


との要望があったため


どうしたら良いかを皆さんに尋ねたところ


スタッフ全員を対象にした研修を行いましょう


ということになりました。。。


約60名のスタッフの方々に4日間に分けて来社してもらいます。



どうなることか分かりませんが


楽しみ半分、怖さ半分です・・・


しかし


「必要とされる」ことの大切さを


自分も含め再認識できればと思っています。


終わったら報告しますので


楽しみに待っていて下さいgood

苦労は買ってでも・・・

はやぶさが地球に帰ってきましたsign01

地球を飛び立って約7年・・・

予定より3年遅れての帰還です。

帰還といっても、はやぶさ自身は

大切なものを送り届けたことを確認して

大気圏で燃え尽きました・・・

ついつい感傷的になってしまいますthink



JAXA運用責任者の川口教授は

「明日からはやぶさの運用がないことが考えられない」

とつぶやいていました。

そして、

「太陽をもう一周まわって来てもよかった」

と言っていました。。。



構想から約15年以上の歳月をかけ

自分たちの時間をそこに費やしてきた方々しか言えない

感想だと思います。

「名残惜しい」の一言に尽きるのだと思います。



人間は不思議な生き物です。

自ら大変なことを背負い込み

胃に穴が開くような苦労をしても

終わった後は

達成感とやりがいを感じ

また新たな苦労に進んでいく・・・

多分、

一度それを経験した人は

自分の証明と成長を

常に感じていたいのだと思います。



哲学的?な話になりましたが

「はやぶさ」の帰還をニュースで見て

自分もガンバロってつくづく思った今日この頃ですgood

ばら祭 その2

前日にステージ上の段取りをしてリハーサルを行い

当日にのぞみましたup



持ち時間1時間のうち

最初の30分は「かくれんぼ川柳」という

クイズを行いました。

「かくれんぼ川柳」とは

川柳の「5・7・5」3行の中の1行を虫食いにして

参加されている方々に当ててもらうというものですhappy01

会場のお客さんも

予想以上に積極的に参加して頂け

とても盛り上がりましたgood

回答者にはやすみりえさんのサイン色紙を

プレゼントしました。。。



そして、メインの川柳コンテスト授賞式ですsign01

受賞の内容は佳作10作品、入賞5作品、大賞1作品

となっており、それぞれ1作品ずつ紹介させて頂きましたup



しかし、

発表時に

とんでもない

ハプニングが・・・



丸めて長いひもに結んおいた作品を

天井に吊って

1作品ずつほどきながら発表していくのですが

1作品目から

「ぶちっsign03



そう、

ひもが途中で切れ

作品が降りてきません・・・



やすみさん、司会者、そして我々

一瞬、唖然とし

一同、フォローのコメントが・・・



急いで脚立を用意し

ひもをほどいて・・・



16作品中

6作品がその状態でしたwobbly



終了後、皆さんからは

「手造り感があって良かったheart01

なんて

フォローになってないフォローを頂きましたcrying

あとから聞いたのですが

その日1日中

自分の背中が寂しそうだったとのことです。。。



うーん、残念down



しかしながら

兎にも角にも

やすみりえさんには

ご参加とフォロー

ありがとうございました。

(ホントにとってもいい人でした。。。)

ばら祭 その1

5月15日から16日にかけて

福山ではばら祭が開催されましたsign01

今日はその報告です。



自分は福山青年会議所(いわゆるJC)に所属しています。

JCは地域社会に貢献するという理念の下

いろいろな取り組みを行っていますgood

その取り組みの中の一つに

ばら祭があります。



ばら祭の実行委員長をはじめ、

各部会(ステージ・ボランティア・パレードなど)の

部会長を輩出し

運営のとりまとめを行っています。

今年、自分はステージ部会に配属され

緑町公園のメインステージの担当となりましたcoldsweats01

メインステージでは2日間を通じ

ローズウエディングや1/2成人式、ローズコンサートなど

いろいろな催しがありましたが、

その中で、ふくやま川柳コンテストという

今年初めて行われるイベントの担当となりました・・・



ふくやま川柳コンテストとは

福山についての川柳の募集を行い

優秀作品を選出し、5月15日に発表するという

時間にして1時間程度のイベントです。。。

しかし・・・

段取りがとても大変でした。。。



簡単にコンテストと言っても

企画、作品募集、取りまとめ、選出、当日の段取りなど

いろいろなことが必要で、

イベント自体は5月15日ですが

実際は2月から実行委員会を立ち上げていましたcoldsweats02

2月中に内容をある程度固め

3月から4月にかけて作品を募集するのですが、

作品を応募して頂くために

ホームページやチラシ・ポスターなどを作り

福山市内のすべての小・中・高等学校、大学に電話をし

また、学校や公共機関にチラシを送付し、回収する・・・

各実行委員が責任を持って自分の仕事をしていくのですが

まー皆さん大変だったと思います。。。



締切りまでに集まった作品は、

なんと、1500通以上sign03

うれしかったですねーhappy01



実はこのイベントを企画するにあたり

「笑っていいとも」でおなじみの

やすみりえさんにも参加してもらうことになっており

作品の選考や

当日に表彰や講評をしてもらうことになっていましたup



・・・つづく

なかなか・・・

禁煙を始めて1ヵ月半・・・

なかなかつらい・・・

まだ、フッとしてところで吸いたくなる・・・

我慢と辛抱の連続です・・・

以前に比べるとかなり気分的に楽になりましたが

しかし

気が抜けた時に

無性に欲しくなる・・・

恐るべし中毒症状。。。

せっかくなんで、このまま継続しますが

体重も増えるし

ボーっとするし

ヤレヤレです・・・

1ヵ月後の今頃は

少しは楽になってるかなーcoldsweats01

よしsign01

がんばろーsign03

(って言うしかありませんshock

危機感

いやー、お久しぶりですcoldsweats01

バタバタとしていたら

1ヶ月も経ってしまいました。。。



さて、宮崎県では口蹄疫という

牛さんや豚さんに空気感染する病気が

蔓延していますdown



このため

国や宮崎県では半径10キロ以内の家畜に対し

ワクチンを接種させた上で殺処分という

大変重い判断をせざるをえなくなっています。

その数なんと13万頭sign01

恐ろしい数字ですshock



ニュースでは

補償や感染の拡大について

いろいろと報道していますが

当事者の畜産農家の方々にとっては

信じられない、そして耐えられないことだと思います。



自分の癖ではないのですが

こういった事件、事故があった時

いつも自分に置き換えてしまいます・・・

数日間のうちに

今まで考えもつかなかった辛いことが

自分ではどうすることもできないことが

次々に起こっていく。

そして、今後起こりうる状況を確実に予想し

早急に、間違いなく対応しなければならない。

・・・

想像を絶するストレスだと思います。



今回の事件は

予想もできなかったことだろう思いますし

予想していても個人での対策はできなかったと思いますが

いつ自分や自分の周辺に起こるか解らない

いろんな要因がたくさんあるのだということは

心に刻んでおかなければならないと

つくづく思いました。



このたびの当事者の方々には

大変申し訳ないのですが

自分自身の中にある

「危機感」というものを

再認識した事件でした。

禁煙・・・

禁煙することになりましたshock

現在、6日目・・・

なんともいえない気分です。。。



中小企業家同友会G地区の某会長と一緒に

4月13日に禁煙をスタート。

2年間一緒に会を運営して

この日で御役御免。

と言うことで記念にと

会長から提案がありました。



百害あって一利なし

毎日300円の無駄遣い

周りの人に不快感を与える

周りの人の健康まで害する

枯れ葉ごときに意思を左右されたくない

などなど・・・



自分なりに理由をつけて何とか継続していますscissors

しかし、

20年近く継続していた習慣を

一気に断ち切るむつかしさ・・・

イライラはしないけど

ソワソワします。

自分の意志の弱さをつくづく感じます・・・



まさしく、自分との戦いです。。。

(大げさか?)

新入社員研修

わが社にも新入社員さんが入ったことは

前回書きましたが、

今回はその新入社員さんが参加した

新入社員研修について書かせて頂きますheart04




前にも書いたことがありますが

私は中小企業家同友会という団体に所属していますup

良い会社をつくろう

良い経営者になろう

良い経営環境をつくろう

と、3つの目的を掲げて日々勉強していますbook

その、同友会の事業の一つに

新入社員研修というものがありますgood

読んで字の如く

新入社員さんが参加し

これから始まる社会生活を有意義に過ごしてもらおうという趣旨です。




内容は

他己紹介やマナー研修、コミニュケーションゲームなど

いろいろなものがあります。

その中でも

2日間の日程の3分の1以上を費やして行うのが

その名も「ドリームカムトゥルー」

そう

夢の具体化ですheart01




まず、自分の歴史を振返り

これからの自分を想像していく。

その作業の中で、より具体的な自分の将来を

文章として記入していく。

とっても疲れるであろう、そんな内容です。




でも、でもネ

われわれ経営者が

いや、先に生まれた人たちが

何故そこにこだわるか・・・




それは紛れもない

少なからず後悔があるからだと思います・・・




自分だけかもしれませんが

今になって

もう少しこうしておけば良かったとか

もう少しがんばっておけば良かったとか

もっと早くああしておけば良かったとか

いろいろと考えます。




できれば、これから社会に出る人たちには

できる限り後悔のないように

小さくてもいいから

自分の目的や目標を持ってもらいたい・・・

そんな気持ちです。

人は何もなく、ただ漠然と生きることはできても

その中に楽しさや幸せは見出せませんもんね。。。




今回の新入社員研修での取り組みは

強制になるかもしれませんが

それでも、1人でも多くの方が

自分なりに気付いてくれれば

取り組んだ意味もあると思います。




社会に出れば時間の経過は思った以上に早い。

それは後々考えると

学生の時の数倍のスピードに思えます。

そして、残念なことに、過ぎた時間は帰ってきません。




自分がなろうとする姿(目的)

目的に向うための通過点(目標)

それを、考えることができるのは

自分自身だけです。




とりとめのない話になりましたが

なんて思う、今日この頃ですhappy01

«新しい仲間

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ